教室断熱化で省エネへ 学校のエアコン、電気代が財政圧迫

  • 壁や天井に断熱材を入れるなど断熱化改修した教室=2日、米子市両三柳の加茂小

地球温暖化により夏の暑さは年々厳しさを増し、全国の学校でエアコン設置が急速に進む一方、電気代が財政を圧迫するなど課題もある。教室の断熱性を高めることで省エネを図ろうと、米子市内の企業などは加茂小(同市両三柳)で今夏、実証的に断熱改修するワークショップを実施。新学期から効果を検証し、将来的に学校の断熱化が広がることを期待している。(平塚千遼)

残り 770 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事