まだ見ぬ世界への旅 クラシックへの誘い 芸術的価値か人気曲か 悩ましいプログラム作り

 コンサートのプログラムをどう組み立てるかは、いつも悩ましい問題だ。いくら芸術的な価値が高くても、客席がガラガラだったら、ただの自己満足に終わってしまう。逆に話題性のあるアーティストを起用し、人気曲を...

残り 780 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら
まだ見ぬ世界への旅 クラシックへの誘い (記事一覧へ)

まだ見ぬ世界への旅 クラシックへの誘い (記事一覧へ)

関心がない人には堅苦しく聞こえるクラシック音楽ですが、一度その奥深さを知れば、人生はもっと楽しくなるはず。国内最高峰のオーケストラ、NHK交響楽団の芸術主幹、西川彰一さん(鳥取市出身)が、コラムでクラシック音楽の魅力に誘(いざな)います。(月1回掲載)

トップニュース

同じカテゴリーの記事