大阪ニュース

亡き創設者に誓う 大阪の義足女子会がNPO法人化

2020年4月27日

 ケニア・ボゴリア湖で群れをなすフラミンゴを前に、ハイヒールと義足を写真に収めた。撮影者は、義足の女子会メンバー。ハイヒールと義足の主は、今年1月に亡くなった女子会創設者の高木庸子さん=当時(51)。高木さんの供養とともに、女子会の再出発を誓う旅だった。

ケニア・ボゴリア湖で群れをなすフラミンゴに向けられた高木さんのハイヒールと義足(NPO法人ハイヒール・フラミンゴ提供)

 「ハイヒール・フラミンゴ」が、この女子会の名称。おしゃれの象徴である「ハイヒール」と、片足で立つ「フラミンゴ」を重ね合わせた。義肢装具メーカーの川村義肢(大阪府大東市)で働く野間麻子さん(50)が、ユーザーだった高木さんと共に2018年6月に設立した。ユーザー同士の交流会を一歩前に進めるため、ケニアから帰国した今年3月17日にNPO法人化した。

 「自分らしく生きることができる社会」を願った高木さんの遺志を継ぎ、NPO法人ハイヒール・フラミンゴは活動を始めた。


サイト内検索