大阪ニュース

ミナミを聖地に ジャパニメーションストリート祭り

2021年2月22日

 大阪・ミナミをジャパニメーションの聖地に育てる「ジャパニメーションストリート祭りin難波センター街商店街」が21日、大阪市中央区のエディオンなんば本店で開かれた。人気アニメソングに合わせてダンスパフォーマンスが繰り広げられ、来場者が魅力的なステージを楽しんでいた。

ダンスパフォーマンスで優勝した「TDS鬼滅ダンサーズ」の迫力あるダンス=21日、大阪市中央区のエディオンなんば本店
「アニメゆかりの地フェスタ」で観光情報を発信する鳥取県のブース=21日、大阪市中央区

 ジャパニメーションは日本製アニメーションの総称で、同商店街をジャパニメーション発信の聖地に育てることで地域経済を活性化させることが狙い。

 「難波センター街商店街『ジャパニメーションストリート』推進実行委員会」が主催した。観光庁の誘客多角化事業の採択を受けた大手旅行会社の日本旅行が同委員会に参画している。

 ダンスパフォーマンスには関西や関東から計10チームが参加し、人気アニメ「呪術廻戦」や「鬼滅の刃」のテーマ曲に合わせ、キャラクターのコスプレをした出場者が迫力あふれるダンスを披露した。

 また「アニメゆかりの地フェスタ」(難波センター街商店街振興組合主催)も近くで開催され、北海道や大分県など13道県が出展。鳥取県のブースでは同県出身の青山剛昌さんの漫画「名探偵コナン」や観光情報をPRした。


サイト内検索