大阪ニュース

コロナ対策、安心のゴールド 府が飲食店認証制度

2021年6月13日

 大阪府は16日から、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組む飲食店を認証する制度について、オンラインで申請を受け付ける。府が設定した独自基準を満たした飲食店に対して、「感染防止認証ゴールドステッカー」を交付する。

基準を満たした飲食店に交付される「感染防止認証ゴールドステッカー」(府提供)

 認証基準は、アクリル板の設置▽手指消毒の徹底▽二酸化炭素濃度を測るセンサーの設置−など。

 このほかに症状のある従業員に対して「飲食店スマホ検査センター」の利用を推奨することや、客や従業員への感染予防を担う「コロナ対策リーダー」を、店舗に配置することも基準となっている。

 飲食店からオンラインで申請を受け付け、書類審査のほか、民間事業者による店舗の現地調査を行う。

 吉村洋文知事は「きちんと対策を取っている店と、そうでない店を分けたい。感染に強い飲食の場づくり、街づくりを目指したい。将来的にインセンティブも設けたい」と強調した。


サイト内検索