大阪ニュース

「住吉祭」の奉納行事すべて中止 祭典・神事は斎行

2021年7月27日

 大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)は、新型コロナウイルス禍を受け「住吉祭」(30日〜8月1日)の各祭典・神事の規模を縮小し、神職ら関係者のみで斎行する。関係団体による奉納行事はすべて中止とし、期間中の閉門時間は午後4時半。露店の出店も行わない。

 同祭は、毎年の大阪の夏祭りの最後を飾ることで知られる。最終日は例年、大阪一と伝わる大みこしを中心に、神馬(しんめ)や鳳輦(ほうれん)、獅子舞など千人を超える渡御列が堺市内にある宿院頓宮(とんぐう)を目指して練り歩く「神輿(みこし)渡御」が行われている。


サイト内検索