大阪ニュース

キッズがプロの技体験 業界人招く講座開始

2021年7月31日

 大型商業施設「あべのキューズモール」(大阪市阿倍野区)は、年間を通してさまざまな業界のプロを招き、子どもらを対象に体験型講座を行うシリーズ「プロQ学園」を施設内で始めた。子どもらに新たな気付きをもたらす場を提供し、“未来のプロフェッショナル”になるきっかけを創出したい考え。

講師の指導の下、線香花火作りに挑戦する子どもら=大阪市阿倍野区

 今後の商業施設は、消費目的の場としてだけではなく、交流を通して生活の質向上を促す役割が必要と考えて取り組む企画の一環。対象は基本、幼児から小学生で、土日を中心に月2、3回程度のペースで継続していくという。

 第1回は、線香花火をテーマに7月17日に実施。講師の花火師、青沼巌さんは、花火の材料から製造過程を説明。作り方の体験では、青沼さんの指導で子どもらが保護者とともに本物の火薬を扱い、熱心に取り組む姿が見られた。

 母親と参加した村木月鳴さん(7)=堺市=は「火薬を入れてねじるところが難しかった。今日の夜に作った花火を家でやりたい」と喜んでいた。

 8月には、動物の健康について学び、注射用の吹き矢を体験したり、サーカスや鷹匠(たかじょう)をテーマにした回を予定している。定員制で当日に申し込みを受け付け、参加は無料。

 キューズモールの広報担当者は「人々が集い、交流し、生活の質の向上に寄与する商業施設へと進化していきたい」と意欲を示していた。


サイト内検索