大阪ニュース

未知の世界を朗読 港区、あんがいおまる一座

2022年5月27日

 未知の世界を描いた小説の朗読会が21、22の両日、大阪市港区の石炭倉庫で開かれた。あんがいおまる一座がノスタルジー作家綾羽一紀さんの「ラグタイムをもう一度」と「伯爵夫人は雨が好き」を表現した。

「ラグタイムをもう一度」を朗読するあんがいおまる一座

 「ラグタイム−」は音楽が禁止され、歌ったり、楽器演奏したりすると処刑されるという星を舞台にした物語。「伯爵夫人−」は地球が全て海と化した時代に、その地球で暮らす人魚が過去へ旅する設定になっている。

 1984年の作品だが、同一座は「地球の未来はこうであるかも」との危機意識を持って舞台化。未知の星に移住する日が訪れるかもしれないと指摘し、「今の私たちがわざわざ『SDGs』などと言って、やり方を変えなければならないようでは」と訴えた。

 朗読に耳を傾けた会社役員の女性(53)は「音楽を自由に楽しめる今に感謝だ」と話していた。


サイト内検索