トレンド特急便

フリマ発送に最適

ナカバヤシ「段ボールシリーズ」
2021年3月17日

レター封筒とボックス用途に合わせ簡単梱包

厚みのある物を扱える段ボール製のボックス(ナカバヤシ提供)
書類発送に適する段ボール製のレター封筒(ナカバヤシ提供)

 事務用品大手ナカバヤシ(大阪市中央区)は、「メルカリ」や「ラクマ」といったフリマアプリやネットオークションの活況を背景に、書類や小物など商品発送用の梱包(こんぽう)用品を取りそろえた。新商品は発送に適したレター封筒とボックスの「段ボールシリーズ」。「アクセサリーや衣類、本など小さな荷物の発送に最適だ」とPRしている。

 シリーズは、簡単に組み立てと梱包ができ、開封しやすいミシン目があるのが特徴。発送する物品のサイズが事前に確認できる「厚さゲージ」が付いており、規定サイズの超過など発送時のトラブルを未然に防ぐことができる。本体は幅広い用途に使えるクラフト色を採用した。

 書類発送に適するレター封筒は、内側にある段ボールの波目が緩衝材の役割を果たし、テープが不要で手軽に梱包作業ができる。

 厚みがある物を取り扱えるボックスは、差し込むだけで簡単に組み立てることができ、定形外郵便など規定サイズ各種に対応している。

 経済産業省の調査によると、2018年のフリマアプリの推定市場規模は6392億円で、2年で約2倍に拡大するなど社会のデジタル化も進展して定着してきた。物品の交換が「普段の生活で当たり前になっている」(同社広報)として、電子商取引のニーズをくみ取った形だ。

 「段ボールレター封筒」はA5(630円)、A4(750円)の2種類のサイズを設けたほか、「段ボールボックス」はS(550円)▽M(630円)▽L(710円)−の3種類のサイズがある。それぞれ5枚入り。いずれも税別。

 今月から大阪府内をはじめ、全国のホームセンターや量販店で発売している。



サイト内検索