2021年2月18日

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展

~天空の城ラピュタ、火垂(ほた)るの墓、もののけ姫、時をかける少女~

2月18日 前売り券発売

 日本海新聞発刊45周年記念事業「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三(にぞう)展~天空の城ラピュタ、火垂(ほた)るの墓、もののけ姫、時をかける少女~」を4月、鳥取市で開きます。2月18日に前売り券を発売します。

 山本さんは、1978年、宮崎駿監督の初演出テレビシリーズ『未来少年コナン』で美術監督に抜てき。以降、名作アニメーションの数々で美術監督として名シーンの背景画を生み出してきました。本展では作者自選の約230点を展示します。

 ◆会期 4月10日(土)~5月9日(日)午前9時~午後5時 ※4月12日、19日、26日は休館

 ◆会場 鳥取市歴史博物館やまびこ館(鳥取市上町)

 ◆前売り券 一般・大学生800円(当日千円)、中学・高校生600円(同800円)※小学生以下無料 

 ◆プレイガイド 日本海新聞各本社、ローソンチケット(Lコード62466)、CNプレイガイド(ファミリーマート)など ※日本海新聞ホームページに特設ページを掲載

 ◆問い合わせ 電話0857(21)2885、日本海新聞ビジネス支援課

 主  催 新日本海新聞社

 共  催 鳥取市文化財団

 特別協賛 鳥取信用金庫