ーエコスクープの手引きー
記事の書き方 記入見本ダウンロード

■逆三角形の記事構成
 新聞記事は逆三角形の記事構成になっています。最初の部分を読むだけで何がニュースなのかわかってもらうためです。最後まで読まないと何を言いたかったのか分からない記事ではダメです。読者は途中で読むのをやめてしまいます。
 つまり、一番伝えたいことを最初に書き、次にその結論になった理由や流れなどの説明、さらに補足説明...という風に、書き進めるほど重要度が下がってくる状態を"逆三角形"と表現しています。
■欲張らずに伝えたいことをしぼる
 読む人に伝わりやすい記事は、伝えたい事(書きたい事)を出来るだけ絞り込んだ記事です。たくさんの事が書いてあると、読者は何が重要なのか迷ってしまいます。欲張らずに書きたいポイントを整理しましょう。
■読みやすい文章とリズム感が大切
 まずは誰でも読めるように難しくない、やさしい文章と表現を心掛けましょう。一つの文章が長いと、読んでいて息切れがします。さらに、自分で読み返してみてリズム感があるかどうかチェックしましょう。文章にリズム感がないとスムーズに読めません。
■調べたこと・取材してわかったことを盛り込もう
 できれば、調べて(取材して)分かったことや成果を入れるようにしましょう。自分で見つけた「発見が」何よりのスクープです。

身近なエコ活動とは...

http://ecoft.org/tyarenginote/charenginoteindex.html

 
 
トップページ 速報・地域ニュース主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)