2020年3月27日

伯耆町、2団体を表彰 日本海新聞ふるさと大賞

 「日本海新聞ふるさと大賞2019」の伯耆町の部表彰式が25日、同町役場であり、地域貢献賞1団体とスポーツ功労賞1団体を表彰した。

 地域貢献賞は、自治会活動、地域活動などで地域社会の発展に尽力し、農地整備や下水道整備、地籍調査などを先駆けて推進した「荘連合区」(大下修一連合区長、117人)が選ばれた。

 スポーツ功労賞は、中国地区小学生ソフトテニス選手権大会と中国地区小学生インドアソフトテニス大会にクラブ員が主要選抜選手として出場した「伯耆ソフトテニスクラブ」(幸本浩司代表、23人)が受賞した。

 式には、森安保町長や日本海新聞販売店会の篠原天副会長と町内の販売所長らが出席。森安町長が「それぞれの団体が自分の役割を果たし、これからも活動してほしい」と祝辞を贈り、受賞者を代表して大下区長が「受賞をそれぞれの財産とし、このふるさとを誇りに、今後も頑張っていきたい」と謝辞を述べた。

(浜先秀行)