2020年7月30日

対応最前線 緊張走る 倉吉保健所職員感染

 「もし保健所でクラスターが発生したら」―。28日夜、新型コロナウイルス感染症の鳥取県内8人目の陽性患者が倉吉市の県中部総合事務所内にある倉吉保健所の女性職員と判明し、同保健所に緊張が走った。幸い他の職員に陽性は出なかったが、コロナ対応の最前線となる保健所として、感染の拡大防止を講じつつ、

会員登録すると続きをお読みいただけます。