2021年1月14日

興味引いて消毒推進 動物型ボトル設置台開発

 医療介護用品の開発、販売などを手掛ける鳥取市河原町佐貫のニシウラ(西浦伸忠社長)は、新型コロナウイルス感染防止策にと、動物の顔をあしらった手指消毒用ボトル設置台を開発した。横88センチ、幅43センチ、高さ53センチと巨大で、遠くからでも存在感を発揮。同社では「興味を引いてもらうことで消毒推進につなげたい」と話す。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集