2021年1月21日

ウラン濃縮施設廃止認可 県と三朝町「安全確保を」

 原子力規制委員会は20日、日本原子力研究開発機構の人形峠環境技術センター(岡山県)の「ウラン濃縮原型プラント」など加工施設の廃止措置計画を認可した。2040年度に解体を完了させる計画。費用は約55億円を見込むが、発生する放射性廃棄物の処分費用は含まれていない。

会員登録すると続きをお読みいただけます。