2021年4月6日

コロナ後見据え境港発信 中国の巨大SNS活用

 境港市観光協会とANAグループの「ACD」(東京都)は5日、アフターコロナ対策として約12億人が利用するという中国系通信アプリ「微信(ウィーチャット)」を活用し、市の観光情報の発信や名産品の販売を本格的に展開すると発表した。

会員登録すると続きをお読みいただけます。