2021年5月3日

学びのアップデート 鳥取県のICT教育(上)

 国が進める「GIGAスクール構想」。新型コロナウイルスの感染拡大により、情報通信技術(ICT)を活用した教育の実践が全国で急速に広がった。鳥取県内でも昨年度末までに小中学校に1人1台のタブレット端末が用意され、本年度から本格的な活用が始まった。県教委は「学びの改革元年」と位置付け、大手企業や大学と連携して教育の可能性を広げる。学びの手法がアップデート(最新化)される学校現場の事例や現状、教員のスキルアップなどソフト面の課題を探る。

会員登録すると続きをお読みいただけます。