2021年6月10日

健康被害調査委設置へ 県として全国初

 鳥取県は9日、新型コロナウイルスワクチンの接種を巡って県民が国に健康被害申請をする際、医学的見地から調査する「健康被害調査委員会」を設置する方針を決めた。同委員会は予防接種法に基づき市町村が設置するが、県が市町村の委託を受けて設けることもできる。都道府県が設置方針を決めたのは全国で初めて。

会員登録すると続きをお読みいただけます。