2021年9月8日

初水揚げ好調 境港・ベニガニ

 カニの水揚げ日本一の境漁港(鳥取県境港市)で7日、今月から漁が解禁されたベニズワイガニが初水揚げされた。同港を基地とする島根県のカニかご漁船3隻が浜田沖の日本海で漁獲したベニズワイガニ約41・5トンを水揚げ。初水揚げ量としては、記録に残る2010年以降で最高となった。一方、初競りでは1ケース(30キロ)当たりの平均単価が8817円で、6年ぶりに1万円を割り込んだ。

会員登録すると続きをお読みいただけます。