2021年10月14日

いじめ・暴力とも最多 不登校も、コロナ影響

 文部科学省が13日に公表した2020年度の児童生徒の問題行動・不登校調査結果によると、鳥取県内で認知されたいじめは2313件(前年度比107件増)で、このうち身体的被害や長期欠席などが生じた「重大事態」は7件(前年度0件)だった。暴力行為は748件(前年度比227件増)、不登校は1136人(同94人増)で、いずれも過去最多となった。(3面参照)

会員登録すると続きをお読みいただけます。