2021年12月6日

有終3ゴール、来季へ光明 ガイナーレ最終12位

 サッカーの明治安田J3リーグ最終節の5日、ガイナーレ鳥取はAxisバードスタジアムでヴァンラーレ八戸と対戦して3―0で快勝した。勝ち点を29に伸ばし、前節から順位を二つ上げて12位で今季を終えた。(12月6日9面に関連記事)

 ガイナーレは前半にFW田口裕也がPKで先制点を奪い、後半開始早々のFW石川大地、DF鈴木順也の連続ゴールで試合の流れを決めた。今季限りでチームを離れるMF可児壮隆、DF藤原拓也がフル出場し、FW谷尾昂也は後半途中からピッチに立ち勝利に貢献した。

 試合後にはサポーターの応援に感謝の気持ちを伝えるセレモニーが行われた。金鍾成監督は「来シーズンは喜びを運ぶ形でピッチに戻ってくる」と強調。主将を務めた可児選手は「これからもうれしいこと、苦しい気持ちを共有して戦ってくれたらうれしい」と呼び掛け、場内を周回してサポーターの拍手に手を振って応えた。(今岡浩明)

関連特集