2021年12月28日

サンタに扮し園児に贈り物 鳥取市環境事業公社

 ごみの収集・運搬などを行う鳥取市環境事業公社(同市秋里)は22日、日ごろ収集車を見つけると手を振ってくれる子どもたちに、お礼のクリスマスプレゼントを贈った。ごみの捨て方教室や収集車の乗車体験も行った。

 昨年から実施している取り組みで、毎年5カ所の保育園や幼稚園を訪れている。このうち富桑保育園(同市行徳3丁目)には、同公社の職員5人がサンタクロースに扮(ふん)して登場。年長児に園児全員分のプレゼントが入った袋を手渡した。

 園児たちは、分別方法などごみの正しい捨て方をイラストを使って分かりやすく説明してもらったほか、ごみ収集車の運転席に乗せてもらうなどサンタと一緒に楽しい時間を過ごした。

 田村美海ちゃん(6)は「サンタさんが来て楽しかった。プレゼントで遊ぶのが楽しみ」とうれしそうに話した。(井田慎一)