大森均の釣れ釣れ草

ハマチ今が最盛期

2018年9月14日
清水さんが仕留めたハマチ

 ハマチは大きくなるにつれて呼び名の変わる出世魚で、関西では40センチ以下をツバス、40〜60センチをハマチ、60〜80センチをメジロ、80センチ以上をブリと呼び分ける。もちろん、地方により呼び名も変わるが、関東ではメジロをワラサ、四国ではツバスをヤズと呼んでいる。ほとんどの地域が80センチ以上をブリと呼んでいるのは共通で、1メートル、9キロ程度がその最大とされる。ヒラマサやカンパチの同族種、親戚にあたる。

 東播磨に秋の訪れを告げるハマチの呑(の)ませ釣りは、時にはメジロクラスもまじり人気のターゲットであるが、小潮はタチウオ、大潮回りは呑ませ釣りに対象魚を変えて出かけるので予約時の確認が必要。まさに最盛期!出かけるなら今がチャンス!

 ▽海底付近で迎撃

 本紙気配の欄を輪番で担当する清水智之さんは、明石周辺でハマチが釣れ出したとの情報をキャッチした。次の仕事のオフは4日後。こうなると、行動は素早い。釣友に電話をかけると「ハイ!喜んで!」と、二つ返事でその誘いに一発で食いついた。

 11日、西宮から早朝5時半に出船し、まず、エサの生きた小アジを確保するため、和田岬沖でサビキ仕掛けを降ろし、1時間程で十分なアジを確保した。そこから30分、明石海峡大橋の東側のポイントに着いた。生きたアジを鼻掛けして30メートルの海底付近で迎撃する、という野趣あふれる釣り方ではあるが基本的な留意点もある。

 大きい潮回りでの釣りなので40号のオモリがいったん着底してもすぐに離れてしまい、何度も底を取りに行くとラインがいくらでも出て行き周囲を巻き込むトラブルの一因になる。潮上に初心者が釣り座を構えていたら潮下まで迷惑が及ぶのもこの釣りではよくあること。こんな「もらい事故」を含めて運が左右される。

 ▽穂先が海面に

 とにかく、釣り始めた。早速、船首で1尾、しばらくして胴で1尾と、3時間も過ぎるといつの間にか清水さんと釣友だけが取り残されるような展開になった。

 「われわれだけアタリがないとはつらいなぁ」と、釣友がボヤいた直後に清水さんの竿(さお)にガツッ!ガツッ!と強烈なアタリが。しかし、一発で道糸からブチ切られる。「運の悪い時はこんなもんですわ」と清水さんからもボヤキが。

 気配もなくポイントを移動した1投目、清水さんの穂先が大きく海面に向かって突き刺さった。「来ました!」と、強い引きにも余裕のやりとりで水面下まで引き寄せ、見事ゲットしたハマチは手計測で53〜54センチほどの立派な魚。2尾目は釣友に来た。しかし、これはあえなく高切れ。3尾目は、清水さんに。先ほどと同型のこの魚も難なく捕った。4尾目は釣友に来たが、中層まで引き寄せてラインブレーク!ガックリと肩を落としている釣友は「俺は美形の顔で運を使い果たしたからなぁ」と、本格的にボヤく始末。

 この日、清水さんはこの2尾をなじみの料理屋に持ち込んで刺し身、竜田揚げ、カマの塩焼きで堪能したという。

 「…今日の記事、まるで横で見てたみたいやなぁ」「その釣友誰や?」「ごめんなさい」

週末のイチオシ気配

■船(1)■石鏡・三重

 ウタセマダイ好調。11日、石鏡沖でマダイ24〜40センチ14尾とブリ83センチ1尾が竿頭。胴突き仕掛けの3本針(ハリス5号)オモリ15〜60号。要予約。▽三幸丸=電話0599(32)5604

■船(2)■小島・大阪

 12日、小島沖でタチウオ70〜95センチ24尾が竿頭。「タチウオテンヤの40号でシングルフックがいいようです」と船頭。要予約。▽恵比須丸=電話072(495)0591

■船(3)■宮津大島・京都

 マダラ本格化。同魚50〜90センチ5〜10尾見込める。12日、9人で51〜92センチ50尾。潮により狙いを切り替えるので確認を。要予約。▽豊漁丸=電話0770(26)1160

■磯(1)■大引・和歌山

 イシダイ、イシガキ上昇気配。12日、平バイでイシダイ37〜47センチ3尾。エサはウニマムシ。水温23度。アシカ、ヒジキなど各磯も有望。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■磯(2)■尾鷲・三重

 グレ&チヌ狙える。1日、オヤマで同魚25〜29センチ5尾とチヌ39〜48センチ2尾。エサ盗り(マルハゲ)多く、釣り方に工夫を。▽柴山渡船=電話0597(22)5566

■筏■栖原・和歌山

 チヌ好調。12日、マタギ筏で同魚33〜46センチ12尾。エサはサナギ、オキアミ、コーン。エサ盗りの状況はフグ、ボラ、チャリコ、サンバソウなど。▽かるも丸=電話0737(62)3527

■波止■北港・大阪

 ハネ型がそろってきた。夢洲でエビ撒き釣りでハネ40〜60センチ2〜4尾期待。12日、同所で50〜54センチ2尾。他に57センチ1尾など。▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

■SW■浜坂・兵庫

 アオリイカはエギで胴長10〜15センチが10〜30パイ程度は見込める。12日、同魚胴長10〜15センチ20パイ。▽はまさか渡船=電話090(1142)4251

 (大阪日日APG 錦 剛司)



サイト内検索