大阪ニュース

夜行「銀河」で快適な旅 京阪神と山陰つなぐ

2020年1月26日

 JR西日本は25日、5月8日に運行開始する長距離列車「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」の車体を、吹田総合車両所(吹田市俵町1丁目)で報道機関に公開した。関西と山陰をつなぐ夜行列車を皮切りにデビューする、瑠璃紺色(るりこんいろ)の列車の出発が近づいた。

「瑠璃紺色」に仕上げられたウエストエクスプレス銀河の車体=25日、吹田市の吹田総合車両所
1両全てがフリースペースとなった4号車の車内=25日、吹田市の吹田総合車両所

 外観は、西日本の美しい海や空をほうふつさせる深い紫色の「瑠璃紺色」を採用。山陰や山陽の各エリア、日中と夜間など、時間や場所によって車体の色が変化して見える。

 車内は、快適性が高く、落ち着いた空間の「くつろぎ」と、女性も気軽に鉄道の旅を楽しめるよう「カジュアル」を両立。女性専用車両の2号車や、4号車は大型ベンチやカウンターが配置され、1両全てがフリースペースで、夜間も照明がつく。

 JR西日本営業本部の財剛啓担当部長は「西日本の新たな魅力を発見する旅にいざなう車両で、鉄道の旅を楽しんでほしい」と話した。

 京都−出雲市駅間の夜行特急列車として運行。10月からは山陽エリアを走る。

 西日本エリアの旅行需要喚起につなげ、観光振興や地域活性化につなげる狙い。京都を拠点に団体列車などに使われた、旧国鉄時代の117系車両を改造した。


サイト内検索