大阪ニュース

フードホール14店オープン 高島屋東別館

2020年7月11日

 今年1月にリノベーション・オープンした高島屋東別館(大阪市浪速区)に10日、食にこだわる店舗が軒を連ねエンターテインメントも楽しめる「コミュニティー フードホール大阪・日本橋」が、オープンした。

高島屋東別館にオープンしたフードホール=10日、大阪市浪速区

 難波、日本橋エリアのにぎわい創出を目的に開業。フードホールは、高島屋のグループ会社の商業開発業、東神開発(東京都)が管理運営し、テナントに関西圏で貸家業を展開する豊富商事(吹田市)が入る。

 東別館1階北側の約1350平方メートルに、期間限定の店を含め全14店舗が出店。共有飲食スペースに264席を配置し、巨大な壁面にはプロジェクションマッピングで有名絵画などを投影する。日替わりで音楽ライブやマジックショーが行われる。

 大阪初出店となる伏水酒蔵小路(京都市伏見区)は、新型コロナウイルスを想定した「新たな生活様式」に即し、来店客が操作して日本酒を味わう機器を設置した。

 豊富商事の紙谷幸弘社長は「一丸となってフードホールを盛り上げ、日本橋から大阪を活気づけていきたい」と意気込んだ。


サイト内検索