大阪ニュース

すみれRG団体V 新体操ジュニア選手権

2020年8月3日

 「第14回大阪市スポーツ協会会長杯 新体操ジュニア選手権大会」(大阪体操協会主催、大阪市スポーツ協会、大阪日日新聞後援)が7月24、25の両日、此花区北港緑地2丁目のおおきにアリーナ舞洲で開かれた。団体はすみれRGが優勝。ロープとボールの2種目で実施された個人は、ABグループが岡本彩花(すみれRG)、CDEグループは夏山友里花(すみれRG)が優勝した。

団体の部で優勝したすみれRG

 大会は新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して実施。また、例年近畿ジュニアの予選を兼ねていたが、今大会は競技種目を減らし、個人は上位5人(例年は10人)に近畿ジュニアの出場権が与えられた。

 【個人】

 ▽ABグループ (1)岡本彩花(すみれRG)34・10点(ロープ17・25、ボール16・85)(2)常住加留奈(FIORE)32・35点(16・00、16・35)(3)上村楓(すみれRG桜ノ宮)31・00点(16・20、14・80)(4)北村心優(GGSク)30・00点(14・75、15・25)(5)三間采実(GGSク)29・90点(14・55、15・35)(6)池内梨名(GGSク)(7)飯田杏彩(SOAIRG)(8)坂村綾香(SOAIRG)(9)有田茉央(すみれRG)(10)飯田凪紗(SOAIRG)

 ▽CDEグループ (1)夏山友里花(すみれRG)28・70点(14・10、14・60)(2)岡辺沙弓(すみれRG)28・15点(13・85、14・30)(3)問屋宇咲(すみれRG)25・80点(11・50、14・30)(4)木下結愛(あおいク)23・40点(11・80、11・60)(5)重光はづき(すみれRG)23・35点(12・90、10・45)(6)山下七夢(梅花RG)(7)井上湖雪(SOAIRG)(8)桜沢蓮実(FIORE)(9)橋本芽依(FIORE)(10)勝山芽衣(アートジムナスティックク)

 【団体】(1)すみれRG20・15点(2)SOAIRG19・75点(3)すみれRG桜ノ宮15・60点(4)樟蔭学園(5)梅花RG(6)あおいク


サイト内検索