大阪ニュース

新たに優先枠設置 高齢者施設や保育所従事者

2021年8月27日

 新型コロナウイルスのワクチン接種に関して、大阪市は25日、大阪市住之江区のインテックス大阪会場で、新たに1回目接種の優先枠を設けると発表した。多忙の中で優先期間が短かった高齢者施設や保育所の職員などから、日常的に高齢者や幼児に接することへの不安の声が上がっていたことなどに対応する。

 対象は接種日に18歳以上の市民で、基礎疾患を持つ人▽高齢者施設等の従事者(一定の居宅サービス事業所等及び訪問系サービス事業所等の従事者を含む)▽保育所など児童福祉施設等の従事者、幼稚園・小中学校等の教職員▽妊婦および配偶者(パートナーを含む)−。基礎疾患を持つ人と妊婦については、接種の前にまずかかりつけ医に相談するよう求めている。

 同会場は9月26日に接種終了の予定で、8月30日以降に1回目の接種を受ける人は、別途指定する会場で2回目の接種を受けてもらう。2回目の接種会場は扇町プール(北区)、心斎橋BIGSTEP(中央区)のいずれかから選ぶ。

 予約は、大阪市ワクチン予約システム「接種予約サイト」もしくは大阪市新型コロナワクチンコールセンターから、毎週月曜日にその翌週の予定を受け付ける。詳細については大阪市ホームページで。


サイト内検索