大阪ニュース

ペンギン赤ちゃん誕生 アドベンチャーワールド

2021年10月19日

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で、エンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生し、公開されている。同施設でのエンペラーペンギンの赤ちゃんは15羽目。

15羽目となるエンペラーペンギンの赤ちゃん(アドベンチャーワールド提供)

 7月29日に産卵し、赤ちゃんの安定した成育につなげるために親から卵を預かり、ふ卵器で様子を見守っていた。

 自力で卵を割って出てくることが難しかったため、スタッフが補助を行い、10月1日に誕生。出産時の体重は303グラムと平均的で、性別は不明。体に力が付き始める体重約500グラムまでスタッフの手で育て、19日に親鳥の元へ返す予定。

 同施設は、1978年の開園時にフンボルトペンギンとキタイワトビペンギンの飼育を開始。1990年からペンギンコロニー(繁殖群)を再現すべく繁殖研究に力を注ぎ、1997年からはエンペラーペンギンの繁殖研究に取り組んでいる。


サイト内検索