大阪ニュース

12選挙区で維新リード 衆院選大阪19選挙区

2021年10月22日

 衆院選の大阪19選挙区は、大阪を本拠地とする日本維新の会が12選挙区でリードするなど勢いを見せる。自民党や立憲民主党、公明党、共産党なども激しい議席争いを繰り広げている。(文中敬称略)

街頭演説に集まった有権者ら=19日午前、大阪市

 維新と自民は15選挙区にそれぞれ擁立し、ぶつかっている。1区は維新井上と自民大西が4度目の対決となり、前回の雪辱を期す井上がリード。2区は維新守島が高い知名度を誇る吉村洋文副代表の支援を受けやや先行し、自民左藤が懸命に巻き返す。4区は維新美延が一歩リードし、自民中山が激しく追う展開となっている。

 一方、3区は自民支持層への浸透を急ぐ公明佐藤に、共産渡部と立民萩原が迫る。5区は公明国重を共産宮本が懸命に追う。6区は公明伊佐を立民村上が追う。

 互いに譲らない戦いを展開する7区では維新奥下と自民渡嘉敷が互角の戦いを見せる。13区は自民宗清と維新岩谷が拮抗(きっこう)する構図。16区は公明北側と立民森山が競っている。


サイト内検索