岡力の「のぞき見雑記帳」

『WHITE RABBIT TAVERN』マスター・扇田順さん

2021年9月27日

秋の夜長に一杯、寄り道

趣のある店内にたたずむマスターの扇田順さん

 OsakaMetro御堂筋線・梅田駅から自宅のある『緑地公園』駅へ帰るには『千里中央』行に乗らなくては行けない。ホームへ続く階段を下りて、それに遭遇するかは時の運。大半が手前の駅で止まる電車がやって来る。だが、どれが来ようが「よし行くか」とつぶやき乗り込むことにしている。理由は、隣駅の『中津』で途中下車するためだ。20代中頃から10年間にわたり住んだ街。その間、父親やフリーターにもなった。

 駅の階段を上がるとオレンジ色にともる看板の方へ歩く。『WHITE RABBIT TAVERN』(ホワイト ラビット タヴァーン)は豊富な洋酒とそれに合うフードを提供するBARである。重厚な扉を開けるとカウンター越しにお出迎えするのがマスターの扇田順さん。その人柄とホスピタリティーを求めて多くの常連客が足しげく通う。

 席に着くと迷わず『しょうが』を注文。『モスコミュール』の仕上げにアルコール漬けしたしょうがをすりおろすオリジナルカクテルだ。おもむろにマドラーでかき混ぜながらゴクリと飲む。この一杯が私の家路を阻み続けている。

 店内には『オールド・クロウ』や『ワイルドターキー』といったメーカーのレトロなアンティークが並ぶ。その中に『AgeUnknown』(エイジ アンノウン)というラベルを貼付する一本のボトル。地元企業『サントリー』の会長を務め、ウイスキーを大衆に広めた佐治敬三ゆかりの品である。横に並ぶきり箱ののし紙には『「へんこつなんこつ」刊行と「ウイスキーづくり70年」感謝の会』とある。

 「ご自身の書籍を出版された際に記念で作られた貴重なウイスキーです。中身はお出しできませんがお店には飾っております」と説明する扇田さん。全方向にソーシャルディスタンスをとりながら、おかわりを繰り返し夜が更けていく。秋の夜長、今日も古巣へ寄り道することになりそうだ。

(コラムニスト)
 ■『WHITE RABBIT TAVERN』
 大阪市北区豊崎5丁目7の8、電話06(6373)6150、営業時間は午後6時〜午前2時


サイト内検索