2021年12月2日

木谷沢渓流の自然環境を守るモニターバスツアー

12月から3回 参加者を募集

 江府町と新日本海新聞社は12、1月にかけて3回実施する「木谷沢渓流の自然環境を守るモニターバスツアー」の参加者を募集します。参加無料。自然環境や持続可能な開発目標(SDGs)に関心のある方で、ツアー前後のアンケート記入が必要。申し込みは先着順で、各回定員は15人。定員になり次第締め切る。

 江府町の奥大山にある木谷沢渓流を町観光協会認定のガイドと共にトレッキングする(積雪時はスノーシュー)。歴史や文化、季節の動植物などの説明を受けながら、澄んだ空気の中で自然や水環境の良さを体感。昼食は休暇村奥大山で、ご当地の和食メニューを堪能します。

 ◆出発日 1回目=12月10日、2回目=18日、3回目=1月15日

 ◆最少催行人員 各回10人

 ◆行程 鳥取▽倉吉▽米子▽木谷沢渓流▽休暇村奥大山(昼食)▽御机かやぶき小屋▽米子▽倉吉▽鳥取

 ◆諸注意 添乗員が同行します。日本海新聞の取材があります。気温が低くなり積雪の場合があります。防寒着、長靴を準備してください。

 問い合わせは電話0857(23)7738、日本海新聞旅行部。

主催 江府町 新日本海新聞社