霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

藤本 光恵(エイジアプロモーション)

2016年9月19日

輝き放つ屈託ない笑顔

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 一に笑顔、二に笑顔、三、四がなくて五に笑顔。明るく屈託のないその笑顔は、星くずを集めたような輝きを放つ。

 20歳の時に「オーディションを受けてほしい」と友人に頼まれて学生イベントに参加した。その時は「めんどくさくなかったらいいよ」程度の気持ちだった。

 そしてイベントにモデルとして出演した。その姿に、見に来てくれていた地元の友達が「泣いてくれた」という。その涙が「いろんな人に影響を与えられる人になりたい」と思う原点になり、モデルとして仕事を始めるきっかけにもなった。

 「まさか、まさかの展開。想像していなかった」世界に飛び込んだが、「こんなに大変な世界だとは。自分の実力がついていかない」ともがき苦しむ。「ウオーキングのセンスがない。難しい」と悩みは尽きない。

 2年前の関西コレクションは協賛ステージの出演だったが、18日はランウェイモデルとして堂々と歩いた。「周りには負けられない。貪欲になってきた」。不器用な花が、少しずつ咲き始めた。

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】ふじもと・みつえ T174 B79 W60 H83、京都府出身。神戸コレクション、関西コレクションなどショーモデルとして活躍。イベント、テレビなどにも出演。