霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

神田 絵梨奈(axone)

2017年7月10日

モデル軸に演技もしたい

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 自然にこぼれる爽やかな笑顔が、どんよりとした梅雨の曇り空を一気に吹き飛ばす。深くて黒い大きな瞳に、静かなエネルギーがみなぎる。

 小学3年の時にタレント養成所に入り、「歌って踊れる安室奈美恵ちゃんみたいになりたかった」と、発声や歌、ダンスなどを学んだ。そして12歳の時にオーディションを通過してモデルとしてショーに出演。さらに「上がってきた作品を見た時にうれしくて、実感がわいた」と、「この仕事を続けていきたい」と誓った。

 「通販モデルになりたいと思っていた」という夢の通りに歩いて、今はアパレルの撮影が中心。「多い時で1日80着、1着3〜5カット」という撮影でも「この服をどう見せるのが一番いいのか」を感覚で捉えて瞬時に判断し、カメラの前に立つ。

 半年前から本格的に始めたインスタグラムは「1日1更新」が目標。モデルを軸に「演技もしたい」とテレビも視野に入れる。「モデルを仕事として確立させたい。必要とされる、私にしかできないことをやっていきたい」

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】かんだ・えりな T160 B80 W55 H82 兵庫県出身。通販カタログなどスチールがメイン。ドラマやバラエティー番組、動画などにも出演し、関西を中心に活躍中。