霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

細田 真帆(ミス・ユニバース 兵庫事務局)

2018年3月12日

笑顔で若さパワーに

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 白と黒のコントラストが強い瞳に、力がみなぎる。エネルギッシュな気持ちあふれる笑顔に、充実感が輝く。

 「頭が真っ白になった。何をしたらいいのか分からなかった」。エントリー番号が呼ばれ、照明が当たる。ミス・ユニバース・ジャパン兵庫代表になった瞬間だった。「家に帰ってジワジワきた。翌朝スカッと起きてグランプリを実感した」と振り返る。

 2回目の挑戦で射止めたグランプリ。昨年はファイナリストに名を連ねたが、そこまでだった。それでもファイナリストとして兵庫のための奉仕活動に参加することで「輝いている女性はすてきだと思った」と、少し悩んだが再戦を決意した。

 日本大会は日程が前倒しになり3月19日に開かれる。「ビューティーキャンプなしのぶっつけ本番」。急きょの予定変更も笑顔で吹き飛ばし、「笑顔を大切に、若さをパワーに素の自分をアピールしたい」と意気込む。

 「兵庫のいい所をもっと知ってもらいたい」。そして将来は「アナウンサーになりたい」とも。中学、高校とバレーボールで汗を流し、主将も務めた。日本代表に向かって「アタックし続けて決める所は決めます」

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】ほそだ・まほ T169 B74 W66 H87 兵庫県出身。2018ミス・ユニバース・ジャパン兵庫代表