2017年9月11日 17:40

小田急車両と建物を実況見分 電車の屋根延焼

 東京都渋谷区の建物から出火し、非常停止ボタンで現場脇に緊急停止した小田急小田原線の電車の屋根に火が燃え移った火災で、警視庁代々木署は11日午後、燃えた車両や火元となった建物を実況見分した。詳しい出火原因や延焼の経緯などを調べている。

 代々木署や小田急電鉄によると、火災は10日午後4時5分ごろ、「オザキボクシングジム」が入る渋谷区代々木5丁目の3階建て建物で発生した。署員が付近にある踏切の非常停止ボタンを押したため、近くを走行していた普通電車の非常ブレーキが作動。火災現場前で緊急停止し、噴き出した炎が2両目の屋根に燃え移った。