2017年10月3日 17:43

福島第1の廃炉作業現場を公開 東電とエネ庁

 東京電力と資源エネルギー庁は3日、福島第1原発の廃炉作業現場を報道陣に公開した。廃炉に向けた中長期ロードマップ(工程表)の改定で、1、2号機のプールに残る使用済み核燃料の取り出し開始を3年先送りした理由について、同庁の木野正登廃炉・汚染水対策官は「作業の障害になる強い放射線への慎重な対応が必要になったため」と説明した。

 1号機は、原子炉格納容器の上部を覆うコンクリート製のふたが水素爆発の影響でずれていることが判明。隙間から内部の強い放射線が出ているとみられるが、ふたを本来の位置に容易に戻せないため、放射線量の低減策を慎重に検討すべきだと判断したという。