2017年10月4日 11:59

連合、支持政党「選挙後に議論」 神津会長、小池氏には苦言

 連合は4日、東京都内で定期大会を開き、神津里季生会長はあいさつで、今後の政党との関わりについて「連合として支持政党との関係をどうするかは、選挙後に議論する」と語った。

 民進党の前原誠司代表が示した希望の党との合流方針には「1強政治に終止符を打とうと、身を捨てる覚悟を伴う決断だった」とする一方、民進党出身者を選別するとした希望の党代表・小池百合子都知事の対応には「連合の推薦候補者には公認作業のはざまでつらい思いを重ねた方が少なくない。極めて遺憾だ」と苦言を呈した。

 安倍晋三首相の衆院解散には「大義なき究極の自己都合解散と断じざるを得ない」と批判した。