2017年10月19日 21:23

電動アシストの出力最大3倍へ リヤカー引く3輪自転車

 警察庁は19日、ペダルを踏む力の最大2倍としている電動アシスト自転車のモーターの出力補助率について、3輪の自転車でリヤカーをけん引する場合は、最大で3倍とする改正道交法施行規則を決定した。

 9月1日に改正案を公表し、同4日からパブリックコメント(意見公募)にかけていた。今月30日に施行する。改正によって、力の弱い高齢者や女性の雇用拡大などにもつながることが期待されている。

 電動アシスト自転車を巡っては、配送大手のヤマト運輸が2014年秋から、産業競争力強化法に基づく特例の新事業として、東京都などの一部地域で補助率を上げた自転車で配送事業に取り組んでいた。