2017年11月10日 08:31

チリ、タイソン氏入国拒否 犯罪歴問題視か

 【リオデジャネイロ共同】南米チリからの報道によると、チリ警察当局は9日、ボクシングの元世界ヘビー級王者マイク・タイソン氏の入国を拒否し、米国に送り返したと明らかにした。首都サンティアゴでのイベントに出席する予定だった。

 入国管理法に違反したためとしているが詳細は不明。タイソン氏は過去に性的暴行の罪で禁錮刑となったほか、コカイン所持などで有罪判決を受けており、これらが問題視された可能性がある。

 タイソン氏は2013年にも過去の犯罪歴を理由に英入国を拒否されている。