2017年11月10日 11:39

台風21号、激甚災害指定へ 全国の農業被害で政府

 小此木八郎防災担当相は10日、衆院選投開票日の10月22日に各地で浸水被害などをもたらした台風21号の全国農業被害について、政府が近く激甚災害に指定する見込みであることを明らかにした。地域を特定せずに補助対象とし、年内にも閣議決定する。

 内閣府によると、復旧事業の見込み額(8日時点)は、全国で77億1千万円と指定基準を上回った。都道府県別では三重県が9億5千万円、奈良県が8億2千万円、新潟県が8億1千万円などとなる。公共土木や中小企業の被害は対象とならない見通し。

 激甚災害指定されると、被災自治体実施の復旧事業で国の補助率が1~2割程度引き上げられる。