2018年2月7日 01:05

トップ100に日本勢11校 アジアの大学、東大8位

 【ロンドン共同】英教育誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは6日、今年のアジアの大学ランキングを発表した。日本からは昨年に続いて東大が唯一トップ10入りしたが、順位は一つ下げて8位。100位以内に入った日本の大学は京都大や大阪大など11校で、昨年より1校減った。

 同誌は日本について、研究への評価や論文引用回数などは向上しているものの、中国などの台頭により東大の8位も今後危ういと指摘している。東大は2013年のランキング発表開始から3年連続首位だったが、16、17年は7位だった。今年の首位は3年連続でシンガポール国立大。