大阪ニュース

西日本全体で元気に 道頓堀リバーフェス

2020年10月18日

 「道頓堀リバーフェスティバル」(大阪活性化事業実行委員会主催)が17日、大阪市浪速区の湊町リバープレイスで2日間の日程で始まった。音楽ステージや大阪の老舗料理店に加え、ミナミの商店街関係者と交流のある鳥取県から、地ビール「大山Gビール」や特産品のブースが出展して観光PRを繰り広げた。

特産品などをズラリと並べてアピールする鳥取県関係の出展ブース=17日、大阪市浪速区
開会セレモニーで鳥取県をPRする平井知事=17日、大阪市浪速区

 今年は湊町リバープレイスのみでの開催。新型コロナウイルス対策で会場の入り口では、検温と消毒を徹底するなど感染予防に努めての実施となった。

 特設ステージでは音楽イベントのほか、同県からは平井伸治知事も駆け付けてトップセールス。出展した県西部の境港市や大山町、米子市の観光関係者は、じゃんけん大会などで地元特産品をアピールした。

 同実行委の千田忠司代表幹事は「新型コロナの影響で中止も考えたが、続けることも大事と開催を決断した。大阪だけでなく、西日本全体で元気になれるように頑張っていきたい」とあいさつした。

 大阪市の会社員、松本真理さん(43)は「鳥取には数回、足を運んでいるが人柄の温かくいいところ。来月には仕事で訪れるので事前準備のために来た」と話した。


サイト内検索