大森均の釣れ釣れ草

行きはよいよい 道中の興奮天井知らず

2020年10月9日
グレ釣り醍醐味(だいごみ)の竿絞り

 釣りのエクスタシーは二つある。それは、魚を釣り上げる時とその道中における釣友との語らいの時間だ。前者のエクスタシーは瞬時であるが、後者はあきれるほど途切れる事がなく、尻上がりに興奮が高まる。

 釣り人の大半が車で釣行する昨今、「新聞に絶好調と出ていた」「今日はこの釣り方が的中すると思う」など、数時間後に訪れる爆釣の予感で車中での話は弾む。目的地に着く寸前では、他人の話などはまったく聞かず、妄想の域に達した話が錯綜(さくそう)して飛び交うからつける薬がない。

 しかし、これが行きに限っての現象で帰りは落胆の沈黙が続くことがほとんどである。まさに“行きはよいよい”だ。にもかかわらず、学習効果もなくこれが毎回繰り返されるから釣り人はおめでたい。

▽異常な興奮状態

 20年ほど前、絶好調の情報がもたらされている宇和海の由良に釣友の松田勝也さん、清水智之さん、松井謙二さんと出かけた。その年のグレは全般的に低調と言われている中、ここ宇和海だけは二十数年で最高という複数の符号した情報だった。前日にも徳島の釣友から「台風前に由良で全員クーラー満杯、40センチ以下はすぐ放流。こんなに釣れたのは久しぶり」などと聞いて、そのことを車中で同行の3人に伝えると、次から次へと恐ろしいほど話が弾む。

 深夜に宇和島の釣具店に着いた。この釣具店の主人の宇和海に関する情報は正確と定評があるが、いつも無口で控えめな主人が、妙に饒舌(じょうぜつ)で「今年の宇和海に点数をつけると10点満点の10点! それほど釣れてる!」とコメントしたから、さあ大変。それから釣り場に着くまでの1時間半は、異常な興奮状態で盛り上がりも天井知らず。もう、こうなると腕に生半可な自信があると別次元のことに気が回り出す。

 「クーラーは小さいものしか持ってきていない。困った。帰りに発泡スチロールを買ってしのがないと…」「竿(サオ)も大物用は持ち合わせていない」「山ほど魚を持って帰ったら、調理が手間で家内に叱られる」「御近所に配らないと食べきれない」など、捕らぬたぬきの皮算用の数珠つなぎ。

 しかし、そのなかで一番釣ったような気になっている清水さんが「ほとんど大漁は間違いないでしょうが、大シケの直後というその一点だけが若干の不安要素ですねぇ」とポツリ。普通は水を差すような意見は反撃の集中砲火を浴びるはずであるが、燃え上がった火の手は下火になるどころかますます燃え盛る一方。

 由良の渡船の乗船場に着き、船長に再度状況を確認すると、「この仕事を始めてから、こんなに釣れた年は経験がありません」とのこと。「よっしゃ!」と4人そろって仁王立ち? その直後、「しかし、台風大シケ直後ですから一服状態の可能性が高いと思います」と、一転して気絶しそうな大落差のコメント。そのことを、3人に伝えると、つい先ほどまでのはしゃぎ方が恥ずかしいと思えるくらいの大人げない落胆がありあり。

 この結末は書くまでもないが、帰りの道中は「反省」「グチ」「後悔」「自己嫌悪」の数珠つなぎだった。

週末のイチオシ気配

 台風通過後のウネリ注意!

■船(1)■泉佐野・大阪

 午前便で神戸沖タチウオ堅調。7日、同魚65〜100センチ18尾が竿頭。台風後も狙い目か?タチウオテンヤ40号使用。要予約。▽海新丸=電話0724(69)2332

■船(2)■阿尾・和歌山

 秋イサギ絶好調。7日、日の岬沖に出船して同魚28〜37センチ42尾。連日、25〜40センチ30〜50尾程度が竿頭。要予約。▽共栄丸=電話0738(64)2318

■船(3)■東二見・兵庫

 呑ませの青物有望。現在、メジロ60〜70センチ1〜3尾とハマチ35〜50センチ3〜5尾見込める。要予約。▽西海丸=電話078(942)6480

■船(4)■石鏡・三重

 引き続きウタセマダイ好調。石鏡沖に出てマダイ25〜40センチ5〜10尾とカンパチ35〜50センチ3〜8尾見込める。要予約。▽三幸丸=電話0599(32)5604

■磯(1)■中紀由良・和歌山

 アリ島で底物気配。イシダイ40〜50センチ1〜2尾とイシガキ35〜40センチ1〜2尾期待できる。エサはウニ。他にアオリイカ2キロ前後がヤエンで1〜2尾。▽佐知丸=電話0738(65)0736

■磯(2)■大引・和歌山

 シケ前の釣れ具合から渡礁できればフカセ釣りでグレ、カゴ釣りでイサギ期待できる。ヒジキでイサギ30〜38センチ5〜10尾、アシカの子でグレ25〜35センチ3〜8尾。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■筏■本浦・三重

 台風直後チヌの荒食い必至。筏で30〜50センチ5〜15尾。エサ取りのヘダイ、ボラ、アイゴ、チャリコなどの活性は高い。対策必要。▽やま栄渡船=電話0599(32)6009

■カセ■串本・和歌山

 外洋荒れた後には湾内に入り込んだマダイの大型狙いが期待できる。同魚30〜70センチ2〜5尾。メジロやシマアジ、コロダイなども期待できる。▽河田フィッシング=電話0735(62)3812

 (大阪日日APG 松田勝也)



サイト内検索