2021年1月10日

中国電力セミナー

「コロナ禍における日本経済とエネルギー問題」

3月・米子 参加者募集

 中国電力セミナー「コロナ禍における日本経済とエネルギー問題」を3月2日に米子市で開催します。講師は慶応大大学院教授の岸博幸氏=写真。コロナ禍の社会や経済、そして私たちの暮らしに欠かせないエネルギー問題について分かりやすく解説します。入場無料ですが、事前申し込みが必要です。

 ◆日時 3月2日(火)午後6時半開演(同6時開場)

 ◆会場 ANAクラウンプラザホテル米子2階「飛鳥」(米子市久米町)

 ◆定員 100人(先着順)※未就学児入場不可

 ◆申し込み方法 はがき、ファクス、電子メールのいずれかで、参加者全員の①郵便番号②住所③氏名④年齢⑤電話番号-を明記し、〒683-8520(住所不要)日本海新聞西部本社ビジネス支援課「中国電力セミナー」係へ。2月19日必着。ファクス0859(34)8817、メールアドレスs-jigyo@nnn.co.jp※申し込み受け付け後、参加者に聴講券を発送します。

 ◆お願い 新型コロナウイルス感染防止策を講じて開催します。会場では検温、マスク着用、手指消毒などのご協力をお願いします。

 ◆問い合わせ 電話0859(34)8813、日本海新聞西部本社ビジネス支援課

 主催 中国電力鳥取支社

 共催 新日本海新聞社

 〈講師略歴〉一橋大経済学部、コロンビア大ビジネススクール卒。通商産業省(現経済産業省)に入省し、産業、IT、エネルギー政策などを担当。経済財政政策担当大臣などの政務秘書官を歴任し、不良債権処理、郵政民営化などの構造改革を主導した。2008年4月から慶応大大学院メディアデザイン研究科教授。著書に「ネット帝国主義と日本の敗北」「オリンピック恐慌」などがある。