2021年5月6日 10:55

陸前高田市、新庁舎で業務開始 津波で職員111人が犠牲

 東日本大震災の津波で庁舎が全壊し、職員111人が犠牲になった岩手県陸前高田市は6日、当時より約700メートル内陸に建設した新庁舎で業務を開始した。戸羽太市長は庁舎前で「長い長い10年だったが、全国の皆さんに恩返しをする環境が整った」とあいさつ。市職員ら約160人が拍手で開庁を祝った。

 新庁舎は鉄筋コンクリート造り7階建て。災害に備え、敷地は高さ12メートルにかさ上げされた周辺よりもさらに5メートル高くし、屋上に自家発電機や飲み水を貯蓄できる巨大な水槽を設置した。

 市によると、市民の住宅再建や市街地の整備を優先したため、完成が震災10年のこの時期となった。