2021年6月13日 19:17

低濃度ワクチン最大6人に誤接種 鳥取・米子会場

 鳥取県米子市は13日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場の市役所淀江支所で12日、低濃度のワクチンを最大6人に誤って接種した可能性があると発表した。市は対象者を特定できておらず、誤接種を受けた可能性のある市民らは153人に上るという。健康被害の情報はない。市は14日以降、153人に書面で通知して謝罪する。

 本来はワクチン1瓶を生理食塩水で薄めてから注射器6本に移し替え、瓶に赤い印を付ける。今回は移し替えた後の瓶に担当者が印を付けず、瓶に残った液体をワクチンの原液と勘違いし注射器6本分を再び薄めた。ミスに気付いて回収した時点で注射器が5本残っていた。