2021年7月30日 16:19

日本のファンのためにも良い姿を バレー韓国スターの金軟景

 東京五輪の開会式で韓国の旗手を務めたバレーボール女子の金軟景(33)は、韓国で大衆的な人気を誇るスターだ。日本でプレーした経験もあり、31日夜に行われる1次リーグA組の日韓戦に向けて「日本のファンのためにも良い姿を見せたい」と話した。

 韓国での愛称は「食パンお姉ちゃん」。食パンを意味する「シクパン」と発音が似た言葉でチームメートを鼓舞する姿がテレビで放映されたのがきっかけ。熱く明るい性格で好かれている。

 五輪は3度目となる東京大会が「ラストダンス」(韓国紙)になるとみられ、悲願の初メダルを目指す。