2022年5月11日 23:19

きらやか銀に公的資金注入申請へ じもとHD、地銀で8年ぶり

 きらやか銀行(山形市)と仙台銀行(仙台市)を傘下に持つじもとホールディングス(HD)が、金融機能強化法に基づき、きらやか銀への公的資金注入を金融庁に申請する方向で調整していることが11日分かった。新型コロナウイルスで打撃を受けた地域経済を支えるために資金注入の条件を緩和した特例制度を活用する方向。資金注入が認められれば、地方銀行では2014年の豊和銀行(大分市)以来8年ぶりとなる。

 コロナ特例を使う申請第1号となる見通し。注入額は200億円を下回る規模で調整している。地域経済を担う中小企業を支えるためにも自己資本の充実が必要だと判断したとみられる。