大阪ニュース

四天王寺 四季と行事 フォトコンテスト作品展

2018年9月5日

 和宗総本山四天王寺(天王寺区)境内の休憩所「和労堂」で、「第3回四天王寺フォトコンテスト」(同寺主催)の写真展が開かれている。約45点の入選作が並ぶ中、多くの参詣者が季節感あふれる一枚一枚をじっくりと鑑賞している。30日まで。

和労堂内で展示中の入選作

 同コンテストは昨年の7〜9月に募集、約300点が寄せられた。会場にはグランプリ大賞作品「朝陽」(岡本雅史さん)をはじめ、年中行事の「どやどや」(1月)、「聖霊会(しょうりょうえ)舞楽大法要」(4月)、「篝(かがり)の舞楽」「千日まいり」「万灯供養」(8月)などを被写体にした力作がずらり。

 行事以外では境内の桜やハス、紅葉といった四季折々の優美な風景を捉えた写真もあり、四天王寺の新たな一面が注目を集めていた。

 同寺では30日まで第4回フォトコンテストの作品を募集している。テーマは「四天王寺の四季」で未発表作品が対象。応募はプロ、アマ問わず。申込用紙を同寺ホームページからダウンロードし、必要事項を記入して作品に添付する。

 プリントで応募の場合は写真をA4サイズの用紙にプリント(余白可)して、〒543−0051 天王寺区四天王寺1の11の18 和宗総本山四天王寺へ送る(当日消印可)。電子メールの場合はJPEG形式、ファイルサイズは1〜3メガビットで送信する。アドレスはphoto@shitennoji.or.jp

 いずれも1人2点まで応募できる。問い合わせは電話06(6771)0066。