霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

ルーゲンチーナ智穂(アライブエンタテインメント)

2016年10月17日

世界基準の長い脚

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 しなやかにスラリと伸びた長い脚はすでに世界基準。ステージ映えするくっきりとした目鼻立ちには、爽快感すら覚える。

 看護学生時代にスカウトされた。それまでにも声を掛けられたことはあったが、「興味がなかった」と振り向きもせず「スルーしていた」。それがこの時ばかりは「えっ、という感じだった」と、気持ちが揺らいだ。

 「世界の人を救いたい」との思いで国家試験をパスして看護師の資格を取得。だが、「今しかできないことはどっちだろう」と悩み抜いた末に「チャレンジしよう」とモデルの道を選んだ。

 「普通にできると思っていた」ウオーキングは「難しい。見せ方、表情が奥深い」と猛特訓の日々。O脚や身体のラインの改善にも取り組み、「自信を持ってウオーキングできるようにならないと」と課題を見つめる。

 「ミランダ・カーみたいになりたい」と世界を夢見る。「日本人として世界に通用する部分をどんどん増やしていければ」。中学の時には空手道の組手で全国大会に出場した。「ポジティブで負けず嫌い」の性格と空手道で培った気合で、世界に勝負を挑む。

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】るーげんちーな・ちほ T178 B80 W60 H84 奈良県出身。日本だけでなく、世界の舞台を視野に活動を始めた期待の新人。